姿勢を整えるメソッドに
禅の要素をプラス

「Zenコンディショニング」は、以下3つの要素がミックス
されたオリジナルプログラムです。

Zenコンディショニング
3つの要素

1

「美姿勢・美脚メソッド」

本来の骨格ラインを再構成することで、引き締まった美しい身体のラインを作り上げることが可能です。「美姿勢・美脚メソッド」のセミナーを全国で開催し、多くのトレーナーを育成しているrfca (re・Frame Conditioning Academy)石井完厚氏のメソッド

2

坐禅・歩き禅

家事・通勤・職場など、日常生活の中で自分の身心と向き合うことで、身体と心の調和、落ち着き、集中できる状態を目指します。禅の「ジャッジしない。今ここを感じる」という捉え方は、「年齢や遺伝、病気や怪我などであきらめず、考えすぎず、自分の身体を感じる」というエクササイズのコツに繋がります。曹洞宗瑞龍山最勝寺(富山県富山市)の和尚・谷内良徹氏の指導

3

岡村祥子の
オリジナルエクササイズ

気功、ウォーキング、ピラティス、石井完厚氏のrfcaの理論、最勝寺の坐禅・歩き禅などをベースに「調身・調息・調心(※)」を誘導。横隔膜のバランスを整えるストレッチによりストレスに関係するノルアドレナリン、コルチゾールの分泌を調整。足裏から頭頂への姿勢や骨格バランスを整え、気のエネルギーを宇宙に繋ぐ感覚を重視しています。
※「調身・調息・調心」…調身とは身を整える、調息とは呼吸を整えること、調心とは心(精神)を整えること。禅や瞑想の基本的な考え方のひとつ